Q&A

フェアネスHOMEQ&A


Q季節や昼と夜で基礎化粧品をかえる必要ってあるの?

A冬場は肌が乾燥し、夏場は皮脂の分泌が盛んになるので、季節ごとに使い分けた方が良いでしょう。昼用と夜用の化粧品の違いは、昼用はUVカット成分が含まれていたり、夜用は保湿成分が含まれていたり…という程度。朝は日焼け止めをつけるかわりに、夜はクリームをプラスするなど、自分で組み合わせていけば、昼と夜で使い分ける必要はありません。

Q化粧水に美容液、乳液にクリーム…。こんなに塗って本当に肌に良いの?

A化粧水と美容液の2つは最低限必要です。それでも乾燥する人は補助的に乳液を使ってください。皮膚の表面には、細菌やウイルス、冷暖房による乾燥などから肌を守ってくれる皮脂膜(汗や皮脂で作られる天然のクリーム)があります。化粧水や美容液は皮脂膜を作る手助けもしているので、この二つを欠かすと、乾燥したり、肌の老化をまねいてしまいます。

Q化粧水一つとっても値段はピンキリ。違いは何?

Aお酒に、吟醸、大吟醸があるのと同じです。良質で、よく精米された米を使った大吟醸ほど値段が高いですよね。化粧品にも似たようなことがいえるのではないでしょうか。また、ブランドイメージやパッケージなども、値段と多少関係があるのでしょうね。

Q夜お風呂できれいに洗顔するから、朝はサッと水で流すだけで良いと聞いたのですが。

A睡眠中に皮脂や汗が分泌されるので、水だけでは不十分。朝も石けんでしっかり洗わないと汚れがとれません。

Qパフやフェースブラシを使って洗顔するのは正しい?

A道具を使うと肌に余分な刺激を与えるのでやめたほうがよいです。手の指腹部を使って優しく洗ってください。洗顔の本来の意味は『肌に水分を残し、汚れや余分な脂分を落とす』こと。やりすぎると必要な水分まで奪ってしまいます。

Qよく「泡だけで洗う」といいますが、これだけで汚れがとれるの?

A界面活性剤の分子が汚れをとらえるので、泡だけでちゃんととれます。よく洗顔フォームを泡だてずに肌で伸ばしている人がいますが、これは肌を傷めるので×。

Q家にいるときは化粧をしないのですが、窓から入ってくる紫外線も気になるし…日焼け止めはつけるべき?

A紫外線の中で波長の長いUVAは、窓ガラスを通過して肌の奥まで届き、シミやしわをつくります。陽当りの良い部屋なら日焼け止めはぬったほうが良いでしょうね。

Qそろそろ紫外線が気になりだすころ。昨年の日焼け止めクリームが残っているんだけど…。

A未開封なら2~3年は大丈夫。ただし、開封したものは中身が酸化している可能性もあるので使うのはやめましょう。

YouTubeで見る ~よくある質問1~

YouTubeで見る ~よくある質問2~


サロン紹介Information

メディカルエステサロンフェアネス

日本皮膚科学会認定専門医
fairness 顧問 岡田 佳子

〒600-8491
京都市下京区室町通四条下る鶏鉾町480
office-one四条烏丸5F
075-344-3500
インドアビュー

営業日カレンダーCalendar

2018年11月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2018年12月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • [月曜・水曜・木曜] 診療ありなしともに11:00~20:00
  • [金曜] 診療あり15:00~20:00|診療なし13:00~20:00
  • [土曜] 診療ありなしともに10:00~17:00
  • 休診日は火曜・日曜・祝日
皮膚科医 岡田佳子医院
Men'sクリニック.com 監修:皮膚科医 岡田佳子医院
完全予約制

お気軽にお問い合わせください

WEB予約

※WEB予約は二回目以降のご予約でご利用ください。